• 在庫不足が懸念されるiPhoneX

    iPhoneの新シリーズ発表や発売日にはお祭りのように盛り上がりを見せていますが、そんなiPhoneシリーズと言えば最近はiPhone8/Plusの発売に加えてiPhoneXの発売発表がされて話題になっています。



    特にiPhoneXに関しては従来のシリーズとは一線を博していて、今までよりも高級路線による販売を展開していくようです。そんなiPhoneXですが、実は発売前から深刻な在庫不足が叫ばれています。
    もともと製造開始が予測されていたのが2017年9月頃でした、その時には2017年の出荷台数は4、500万台から5、000万台と言われていたのですが、その後予約開始日が10月27日に決定したことから、その出荷台数は4、000万台に下方修正されました。



    実際に製造が開始される時期も10月半ば頃と予測されていて、それに加えて製造中のトラブルに見舞われると本格的な製造は12月まで遅れる可能性がある事から深刻な在庫不足になるのではと予測されていて、その在庫不足は2018年の前半頃まで続くと言われています。

    このように発売前から言われている在庫不足ですが、その理由としては最近発売された同シリーズのiPhone8とPlusの影響で、このシリーズとの競争を避けるために製造台数を減らしたと言われています。

    ちなみに今回は売り上げの影響も考えて人気のゴールドモデルの販売も見送るとしています。

    そんなiPhoneXはSIMフリー版は64GBで112、800円、256GBで129、800円と高価格での販売となっています。